久久婷婷国产综合色啪

<progress id="5h4ng"></progress>
<tbody id="5h4ng"></tbody>
<dd id="5h4ng"><noscript id="5h4ng"></noscript></dd>

    1. 文字サイズ

      頭部形狀の個人差に対応した、リボン型脳波測定用樹脂製ドライ電極を開発

      2020年02月17日


      住友ベークライト株式會社(本社:東京都品川區、社長:藤原一彥)は、金屬並みの低接觸抵抗(導電性ジェル不要)で痛みや違和感がなく長時間使用可能な樹脂製脳波測定用柔軟ドライ電極の開発(特許出願中)に成功しました。


      開発の背景と特長

      近年、脳科學の発展とともにその知見を活用するBrain Machine/Computer Interface(BMI/BCI)技術が注目されています。BMI/BCI技術では、脳波?脳血流などの脳活動をセンサーで検知し、解析することにより、身體動作を伴わずに機械操作する、コミュニケーションが不可能な患者と意思疎通する、被験者の心理狀態を読み取りマーケティングに反映する等の活用が模索されております。

      一方、BMI/BCI で脳波を測定する際には一般的にキャップやヘッドギアを裝著して、被験者の頭部に電極を固定させる必要がありました。そのため、裝著に手間がかかることによる被験者の負擔、さらには頭部を覆うことによるファッション性の低下が実用化への障害とされてきました。また、頭部形狀は個人差が大きいことから電極が頭部に接觸せず、計測に不具合が生じることも多々ありました。

      住友ベークライトでは、これまで金屬電極並(約20kΩ)の低い接觸抵抗で脳波を測定可能な樹脂製柔軟ドライ電極の開発に成功しております。 この度、新たにリボン形狀の脳波測定用樹脂製ドライ電極を開発いたしました。リボン形狀電極はこれまでと同様導電性ジェルを用いずに測定が可能であり、柔軟性を有していることから、頭部に追従して変形することで頭部形狀の個人差に対応 可能です。また、上記電極を用いて安靜閉眼時のα波の検出にも成功しました。

      「樹脂製 脳波測定用ドライ電極」

      リボン型脳波測定用樹脂製ドライ電極

      裝著例


      今後の展開

      今回開発したリボン型脳波測定用樹脂製ドライ電極の更なる構造改良により接觸抵抗の安定化、および更なる接觸抵抗低減を目指します。また、実用化に向け安全性、耐久性の確認および外部との連攜も含めより多くの被験者での脳波取得検証を進めて參ります。



      本件に関するお問い合わせ

      コーポレート?コミュニケーション部

      Tel:03-5462-4818

      久久婷婷国产综合色啪
      <progress id="5h4ng"></progress>
      <tbody id="5h4ng"></tbody>
      <dd id="5h4ng"><noscript id="5h4ng"></noscript></dd>