日本a级作爱片无码

<ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
    <dd id="vgeuk"></dd>
    <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>

    1. 擔當役員メッセージ

      SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

      2030年、さらにその先の
      未來を見據えて
      SDGsへの取り組みを
      加速していきます

      取締役 専務執行役員 稲垣昌幸

      SDGsに貢獻しない企業は淘汰される時代

      私たちが生きる現代社會は、地球規模の環境破壊や気候変動、社會構造の複雑化、多様な価値観の共存などにより、到達すべきゴール、理想とすべき狀態が非常に見えづらくなっています。當社グループのような製造業においても、何をつくり、どの方向に向かっていけば良いのか、各社とも必死に模索している狀況です。
      そうした中で、2015年に登場したのがSDGsです。SDGsは、世界中で起こっているさまざまな社會課題を解決し、未來をより豊かに継続的に発展させていくことを目標としていますが、これは企業の経済活動の目的とも合致します。言い換えれば、SDGsというのはすべての企業が行き著く道標と言えます。
      今は「自社だけが儲けられればそれで良い」などという企業は淘汰され、生き殘ることができない時代です。むしろ、世界全體の持続可能な開発のために、自分たちが何をすれば良いのか、どう貢獻できるのかを考え、事業を通じて実現していくことが、企業を発展させるうえで欠かせない條件となっています。

      広い視野と見識を備え、SDGsを推進していける人材を育てる

      SDGsを日々の業務に生かしていくためには、17の目標だけでなく、それに紐づく169のターゲットまできちんと理解する必要があります。特に考えなければならないのが、事業におけるネガティブ要因の有無です。例えば、自分の擔當業務だけが改善しても、ほかの部門や取引先企業などで狀況が悪化したのなら、それは改善にはなりません。SDGsは當社の取り組みだけで達成できる目標ではないからです。
      しかしながら、従業員一人ひとりが日々の業務に加えて、そこまで學ぶことは難しいでしょう。そこで、當社グループでは、社內報やポスターによる情報発信、外部講師を招いての勉強會やe-ラーニング、全社の理解浸透度を図る認知度チェックなど、SDGsについて理解を深めることのできる機會を積極的に設けています。これらの活動を通じて、広い視野と見識を備え、SDGsを推進していける人材の育成に力を注いでいます。

      持続可能な社會を創るために、私たちに求められていること

      當社グループは、SDGsが採択される以前から、社會的課題を解決し、持続的な成長と価値創造を実現していくために、経済的価値のみならず社會的価値を向上させていくことが不可欠だと考えてきました。この考えの根幹にあるのは、當社グループの基本方針です。すなわち、400年にわたり脈々と受け継がれてきた住友の事業精神は、そのままSDGsの理念と合致しているのです。
      私たちが扱うプラスチックは、今や人々の生活になくてはならない存在です。プラスチックを適切に利用しながら発展していける持続可能な社會を創るために、必要な技術および製品を開発?販売していくことが、「プラスチックのパイオニア」である住友ベークライトには求められています。そうした社會からの期待に応えていくためには、外部の有識者や研究機関、志をともにできる取引先企業、新しいアイデアを持つスタートアップ企業などとアライアンスを組み、たくさんのイノベーションを起こしていくことが、ますます重要になると考えています。
      SDGsへの取り組みは、最早日々の業務の一部です。住友ベークライトが持続可能な社會を築く存在として、社會から求められる企業であり続けるために、SDGsの目標年である2030年、さらにはその先の未來を見據えて取り組みを加速していきます。

      日本a级作爱片无码
      <ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
      <dd id="vgeuk"></dd>
      <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>