日本a级作爱片无码

<ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
    <dd id="vgeuk"></dd>
    <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>

    1. SDGsを考えるヒント

      SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
      • 3 すべての人に健康と福祉を
      • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

      3 すべての人に健康と福祉を

      目標 3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、
      福祉を推進する

      科學と醫學の進歩、病気に対する人々の理解が深まったことなどにより、健康と福祉の増進に著しい進歩が見られています。とはいえ、國家間や地域間、所得階層などに見られる醫療格差は殘ったままです。すべての人が質の高い醫療?福祉サービスが受けられるようにすることは、豊かな社會を構築するために欠かせない條件です。

      健康的な生活とは?

      「健康」というと、身體が充実している狀態を思い浮かべますが、病気がないとか、身體が弱っていないということだけが健康ではありません。世界保健機構(WHO)憲章によると、「肉體的にも、精神的にも、そして社會的にも、すべてが満たされた狀態にあること」を健康と言います。
      つまり、「健康的な生活」とは、人種、宗教、政治信條や経済的?社會的條件などによって差別されることなく、人々が質の高い醫療サービスや福祉を受ける権利を有している狀態であると言えます。健康と福祉が得られないということは、ひとつの人権問題なのです。

      キーワード 1 新生児死亡率

      2000年以降、保健サービスへのアクセスが向上したことで、15歳未満の子どもの死亡數はおよそ半減しました。しかし、世界全體での新生児死亡數は年間約250萬人にものぼり、多くの子どもが生後28日以內に命を落としています。また、死亡原因の多くは早産による合併癥などで、基礎的な醫療サービスがあれば助かる命だと言われてます。そうした狀況を改善するため、目標3の中では「すべての國が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らす」ことが掲げられています。 出典:unicef「Child Mortality Report 2019」

      新生児死亡率2018年 世界 出生1,000人のうち18人 日本 出生1,000人のうち1人

      キーワード 2 ユニバーサル?ヘルス?カバレッジ

      ユニバーサル?ヘルス?カバレッジ(UHC)とは、予防、治療、リハビリなどの適切な保健醫療サービスを、誰もが必要な時に享受できる狀態を指します。UHCが達成されるためには「保健醫療サービスが身近に提供されていること」「保健醫療サービスの利用にあたって費用が障壁とならないこと」をクリアしている必要があります。
      日本は國民皆保険制度の保健醫療システムを有し、世界一の長壽を達成した國として世界から注目されており、その経験を踏まえた貢獻が期待される分野でもあります。

      ここがポイント!

      人間の根幹とも言える心身の健康が満たされてこそ、世界の課題解決に向けた行動も生まれます。子どもや妊産婦の健康衛生はもちろん、メンタルヘルス、交通事故、薬物濫用、公害など広い視野で取り組むことが重要です。

      目標 7 すべての人に手ごろで信頼でき、
      持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

      私たちの日常生活をはじめ、ビジネス、醫療、教育、農業などあらゆる活動は電力に支えられており、安定した電力供給がない國は経済を牽引することもできません。持続可能な開発を実現させるためには、省エネルギーの実踐とともに、環境負荷の少ないクリーン?エネルギーの技術開発と普及が不可欠です。

      クリーンなエネルギーとは?

      現在、エネルギー供給の主體となっている石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料は有限の資源であり、燃焼時に溫室効果ガスであるCO2が大量に発生してしまいます。また、ウランを燃料として使用する原子力発電は、化石燃料に比べてCO2の発生は少ないものの、その安全性が懸念されています。
      そこで注目されているのが、太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱など自然の力から発電する「再生可能エネルギー」です。再生可能エネルギーは、枯渇することなく繰り返し利用が可能で、CO2をほとんど排出しないため、現在では最もクリーンなエネルギーと言えます。しかし、発電コストが高い、季節や天候に左右され安定供給が難しいなどの課題もあります。

      7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

      キーワード 1 エネルギーミックス

      エネルギーミックスとは電気の安定供給を図るため、火力、原子力、再生可能エネルギーなど、多様なエネルギー源を組み合わせて電源構成を最適化することです。目標7のターゲットでは「2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる」と明記されています。日本では、2030年度の電源構成について、CO2を排出する火力発電の比率を56%程度に抑える一方で、クリーンな再生可能エネルギーを22~24%程度まで拡大することを目指しています。

      キーワード 2 RE100

      RE100は「Renewable Energy 100%」の頭文字をとった名稱で、事業で使う電力を100%再生可能エネルギーで賄うと宣言した企業が加盟する國際的なイニシアティブです。2014年に國際非営利組織The Climate Groupが運営を開始し、現在は世界全體で164社が加盟しています(2019年2月時點)。近年では歐米企業だけでなく、日本?中國?インドなどアジア企業の參畫も進んでおり、RE100宣言をきっかけにした新たなエネルギー効率化やイノベーションの創出が期待されています。

      ここがポイント!

      再生可能エネルギー普及の鍵となるのは、地域に必要なエネルギーを地域のエネルギー資源によって賄う「エネルギーの地産地消」の考え方。この循環型のエネルギーシステムを確立することが、地域産業の活性化にもつながります。

      日本a级作爱片无码
      <ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
      <dd id="vgeuk"></dd>
      <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>