日本a级作爱片无码

<ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
    <dd id="vgeuk"></dd>
    <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>

    1. SDGsへのアプローチ

      SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

      SDGsを推進する「サステナブル推進委員會」を発足

      持続可能な社會の実現に向けた取り組みが世界中で加速する中、當社グループでは注力するSDGsの分野を具體的に示し、必要な施策を全社規模で推進していくための前段階として、2018年10月に「SDGs推進準備プロジェクトチーム」を発足しました。そして、2019年4月には、環境?社會?経済という3つの軸でSDGsを推進し、継続的かつ全社的に取り組んでいける體制を整えるべく、社長を委員長とする「サステナブル推進委員會」を設置しました。これまでCSRに関わってきた「レスポンシブル?ケア委員會」や「リスクマネジメント委員會」もサステナブル推進委員會のもとで活動を続けており、全社で連攜しながらさまざまな活動に取り組んでいます。

      • レスポンシブル?ケア:化學品を取り扱う企業が、化學品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るすべての過程において、環境?健康?安全を確保し、その成果を公表し、社會との対話?コミュニケーションを行う自主活動のこと。

      サステナブル推進體制

      社長 2019年4月発足 サステナブル推進委員會 SDGs製品?技術の認定 外部公表する項目および數値の決定 委員長:社長 副委員長と委員:役員および部門代表者 幹事:SDGs推進委員會幹事 2020年1月発足 SDGs推進委員會 レスポンシブル?ケア委員會 環境負荷低減委員會 リスクマネジメント委員會 情報セキュリティ対策委員會 コンプライアンス委員會

      「SDGs重點領域目標」を策定

      SDGsには17の目標があり、一企業が事業を通じて貢獻できる範囲には限りがあります。そこで、本格的にSDGsに取り組むにあたり、住友ベークライトの事業分野に直結する目標を「SDGs重點領域目標」として抽出しました。注力している事業分野に関連すること、自社の強みが生かせることなど複數の観點から17の目標に點數を付け、上位5つを重點領域としています。
      また、「プラスチックのパイオニア」を名乗る企業として加えなければならないのが、「目標14:海の豊かさを守ろう」です。海洋プラスチック※1、マイクロプラスチック※2の問題を含むためです。これらの問題には、機能性化學品メーカーである住友ベークライトが直接的に関與するのは困難ですが、さまざまな企業や団體が加盟するアライアンスに參加することで問題解決に貢獻していきます。
      抽出した5+1の目標は、現時點での重點目標であり、今後、事業が拡大していけば、さらにほかの目標が加わる可能性も十分にあります。まずは現在ある製品を通じて著実に成果を出しつつ、より幅広く取り組んでいくことを目指します。

      • ※1海洋プラスチック:海に流出したプラスチックゴミ。
      • ※2マイクロプラスチック:微細なプラスチックの破片。主に、海洋を漂流するうちに細かく砕けたプラスチックゴミを指す。

      當社のSDGs重點領域目標

      當社の事業分野、會社の強みを踏まえて、「5つの目標+1つの目標」を選択(自社に合った目標に絞って注力する) 3 すべての人に健康と福祉を 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8 働きがいも経済成長も 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 12 つくる責任つかう責任 + 14 海の豊かさを守ろう

      「SDGs貢獻」認定制度を開始

      當社グループの製品は幅広く、その用途も多岐にわたることから、単に「SDGsに貢獻する製品」と考えた場合、當てはまる製品は実にたくさん挙げられます。例えば、お客さまが住友ベークライトの製品を原材料として、省エネルギーを促進する製品をつくった場合の間接的な貢獻なども當てはまります。そのような狀況を踏まえて、特にSDGsに貢獻する製品?技術?活動を認定する「SDGs貢獻」認定制度を2018年度より開始しました。
      ポイントとなるのは、その製品がどれだけSDGsに貢獻しているのかをライフサイクルアセスメント(LCA)によって數値化して評価する點です。例えば、樹脂Xキログラムを販売すると自動車がYキログラム軽量化できて、それによって自動車から排出されるCO2は年間Zトン減るという計算式が成り立つ場合、最終的なCO2削減量を數値で評価できます。このように、貢獻について客観的な數値が示されていることに加えて、貢獻するSDGsターゲットが適切に選択されていることを判定基準にしています。
      今後は、2021年度の売上高比率30%を目標値として、「SDGs貢獻製品?貢獻技術」(連結)を増やしていき、SDGsの達成に貢獻したいと考えています。

      SDGs貢獻製品?貢獻技術の売上高(連結)

      事業活動のすべてにおいてSDGsを意識する

      住友ベークライトグループは、2019年度から始まった中期経営目標でも、基本方針においてSDGsに即した事業活動を行うことを明言しています。長期的に事業を拡大?発展させていくために、SDGsという世界共通の目標を事業計畫や日常業務、そして従業員一人ひとりの意識に取り込んでいきます。

      中期経営目標(2019?2021年度)の基本方針

      SDGsに即した“One Sumibe”活動の実踐により、機能性化學分野での「ニッチ&トップシェア」の実現とともに、事業規模の拡大を図る One Sumibe活動:製品ごと、事業ごとの枠を超えて、全社橫斷的な価値提供を行う活動
      日本a级作爱片无码
      <ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
      <dd id="vgeuk"></dd>
      <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>