日本a级作爱片无码

<ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
    <dd id="vgeuk"></dd>
    <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>

    1. 製品
      地域の農業活性化に挑む 遠隔地への流通を可能にする『P-プラス?』

      製品
      地域の農業活性化に挑む 遠隔地への流通を可能にする『P-プラス?』

      今、世界で起きていること

      科學技術は目覚ましい速度で進歩を遂げており、數十年前では考えられなかったような革新的な技術がすでに実用化されています。しかし、その恩恵を世界中のすべての人々が享受しているわけでありません。高所得國あるいは都市部に暮らす人々にそれは集中しており、開発途上の國々では數十年前と変わらない生活を送っている場合が多いのです。
      日本においても人口の東京一極集中は加速しており、地域経済の疲弊は今後強まっていくと予想されています。そうした中で、地域の経済成長や人々の暮らしを支える持続可能な産業プロセスを創出し、資源効率性やイノベーションを誘発する新たな技術革新が求められています。

      取り組みのポイント

      1. 食全體の市場規模の縮小が見込まれる中、地域農業の衰退が顕在化

      2. 生産者にとっては海外を含めた遠方への販路拡大が活路に

      3. 長時間?長距離の輸送が前提となるため、鮮度保持が難しい

      4. 『P-プラス?』の使用で遠方への出荷が可能になり、地域の農業活性化につながる

      遠方までの流通を可能にする『P-プラス?』

      日本では人口減少と高齢化によって食全體の市場規模の縮小が見込まれる中、インターネットで大都市の消費者に直接支えられる生産者や、海外に販路を求める生産者が増加傾向にあります。しかしながら、どんなに高品質の野菜?果物を生産しても、消費者に屆く段階で品質が劣化していては生産者の苦労が水の泡となってしまいます。
      鮮度保持フィルム『P-プラス?』は、青果物を“冬眠狀態”(呼吸が低くなる平衡狀態)にして、品質低下のスピードを遅らせ、鮮度を長持ちさせることで流通範囲拡大や商品の付加価値向上を実現する製品です?,F在、『P-プラス?』は日本各地の特色ある青果物の出荷に活用されており、輸送に時間がかかる遠方?海外へもおいしく新鮮なままの青果物を屆けられるため、海外への輸出拡大を図る生産者にも好評です。

      青果物の鮮度劣化を防止する仕組み

      鮮度保持フィルム『P-プラス?』は、青果物を“冬眠狀態”(呼吸が低くなる平衡狀態)にして、品質低下のスピードを遅らせ、鮮度を長持ちさせる製品です。青果物は収穫後も生きて呼吸をしているため、呼吸とともに栄養分が消費され、鮮度が低下していきます?!篜-プラス?』は、「透過量調整技術」と呼ばれる、フィルムにミクロの孔加工を施す方法によって、酸素の透過量を調整することができます。また、青果物の種類、重量、流通條件などに合わせて、微孔の數と大きさをきめ細かく設定することができます?!篜-プラス?』は、それぞれの青果物に関する豊富なデータをもとに、野菜や果物を最適な狀態にコントロールします。

      『P-プラス?』の仕組み

      包裝前、酸素20.9%、二酸化炭素0%。密封包裝(真空パック)、酸素0%、二酸化炭素20%以上、袋の中の酸素がやがてなくなり、嫌気(無気)呼吸を始め、腐敗していきます。オープン包裝、無包裝、酸素20.9%、二酸化炭素0%、野菜?果物などは収穫後も呼吸を続け、成熟?老化していきます。P-プラス?、酸素5から10%二酸化炭素0から15%『P-プラス?』で包裝することにより、「低酸素?高二酸化炭素」狀態で青果物の呼吸を抑えます、顕微鏡による微孔(ミクロ穴)の拡大寫真。事例:バナナ 溫度20℃ 保存期間3日間、パンチ穴の開いた一般フィルムで包裝したバナナ、『P-プラス?』で包裝したバナナ。
      日本各地の青果物の出荷に活用されています。青森県 JAゆうき青森 様、ながいも。新潟県 JA佐渡 様、おけさ柿。京都府 JA全農京都 様、柴ずきん(エダマメ)。香川県 JA香川 様、菜の花。鹿児島県 鹿児島くみあい食品株式會社 様、きぬさや?いんげん。目印はこのマーク、P-プラス?のマーク。

      活用事例 高需要期まで鮮度を維持して貯蔵
      【山梨県:JAフルーツ山梨、JAふえふき、JA南アルプス市、長野県:JAながの、JA中野市】

      シャインマスカットは華やかな色合いと豊かな味わいから、クリスマス商材や年末年始の贈答用として注目が集まりました。また、臺灣や香港を中心とした海外においても評価が高まり、引き合いも急増しました。しかし、貯蔵用シャインマスカットの収穫は9月末から10月末で、年末商戦時期までの約2カ月半、貯蔵をする必要がありました。冷蔵庫に寢かせているだけでは、軸の変色、粒の脫粒やしぼみが発生していました。そこでシャインマスカットを『P-プラス?』に入れてから冷蔵庫で貯蔵する方法を開発。これにより、美しくおいしい狀態で出荷できる期間が延び、海外も含め出荷可能なエリアも拡大しました。

      販売期間の延長 12月?1月まで
      販売可能

      10月に収穫したシャインマスカットを2カ月以上貯蔵できる

      貯蔵3カ月後(溫度0~1℃ 濕度80~90%)

      P-プラス? 無包裝

      VOICE

      シャインマスカットという特別なぶどうの誕生は、産地が活気づくきっかけになりました。年末商戦や海外輸出などの好機をうまく生かし、全國區のブランドに育てていくことで、地域の農業活性化につなげていきたいと考えています。そのために、ますます『P-プラス?』には期待しています。

      山梨県(JAフルーツ山梨、JAふえふき、JA南アルプス市)
      長野県(JAながの、JA中野市)

      VOICE SDGsの複數の目標に貢獻できる製品

      住友ベークライトでは、機能性化學分野でのニッチ&トップシェアを実現させるため、SDGsに即した事業活動を行っていますが、その中でも『P-プラス?』鮮度保持フィルムは、當社製品群の中でも最も目に見える形でSDGsに貢獻できるものです。
      私たちは、長年にわたってお客さまからのご要望に対応し、評価CSセンターで青果物の鮮度保持データを取り続けてきました?,F在では60品目以上の青果物でお使いいただいています。今後も量販店や卸売市場、公的研究機関や機械メーカーとの協業を進め、トータルコーディネイトでソリューションを提供できる體制を整えるとともに、新たな機能を付與すべく研究開発を進めていきます。

      フィルム?シート営業本部
      P-プラス?食品包裝営業部長
      堤 直也

      日本a级作爱片无码
      <ruby id="vgeuk"><table id="vgeuk"><strike id="vgeuk"></strike></table></ruby>
      <dd id="vgeuk"></dd>
      <nav id="vgeuk"><code id="vgeuk"><table id="vgeuk"></table></code></nav>