ED治療は高いです。ジェネリックに切り替えることで、その負担を大幅に軽減させられます。代表するジェネリックをご紹介。

  • TOP
  • >
  • ジェネリックの紹介

ED治療薬のジェネリック

ED治療薬のジェネリック

ED治療薬をすでに服用しているのであれば、価格がネックとなることはご存じかと思います。
基本的に、ED治療は保険の効かない治療になっています。

ここで問題になるのは保険の効かないことで、かかる治療費は全額自費での負担になるということです。

1.何をしてどれくらいかかるのか


治療の流れは、次のようになっています。

①問診

実は、これだけです。
必要とあれば、問診後に血圧の測定などを行う場合がありますが、基本的な検査は問診のみです。

これだけですが、保険が利かないと驚きの金額になります。

2.ED治療薬の価格

ED治療薬の価格

風邪薬ほどの金額で考えているのであれば、それはちょっと改めた方が良いはずです。
多少金額に誤差はありますが、3つのED治療薬の1錠あたりの価格は次のようになります。

◎バイアグラ・・・1300~1500円
◎レビトラ・・・1500~1800円
◎シアリス・・・1700~1800円

1錠がこれだけするので、処方希望錠数をそのまま乗じた金額が薬の処方費用になります。

それに初診料などが加算されるので、簡単に1万円以上の治療費がかかります。

3.金額の問題を解消してくれるジェネリック医薬品

金額の問題を解消してくれるジェネリック医薬品

知らない人も多いかと思いますが、実はインターネットで海外通販(個人輸入代行)を利用することで少し値段が安い海外医薬品や、1/5~1/10まで価格を抑えることができるジェネリックを購入することができます。

しかも医師の処方箋がなくても注文できるので、通院する手間なども省くことができ、24時間お手元のスマホやパソコンから注文できます。

値段が安くなるからといって成分が変わる訳ではなく、同じ成分を含有して製造されているので、同じように服用することができます。

ED治療薬の通販

4.バイアグラジェネリックの紹介

バイアグラジェネリックの紹介

有名な製品では「カマグラ」という製品があります。
バイアグラジェネリックになるので、成分は「シルデナフィル」となっています。

ちなみに海外製なので、用量は国内処方用量・50mg以外にも100mgという用量もあります。

しかも先発薬の1/5ほどになるので、かなりお得に治療をはじめることができます。

さらに錠剤が苦手という人でも、フルーツフレーバーが添加されたゼリーや発泡剤、チュアブルタイプなどもあるので、味を楽しみながらED改善を行うことができます。

5.レビトラジェネリックの紹介

レビトラジェネリックの紹介

人気が高い製品は「バリフ」という製品のようです。
用量などはカマグラのように増えることはないですが、価格が先発薬の1/10ほどで1錠を購入することができます。

国内で人気のレビトラと同じ効果で同じ成分「バルデナフィル」が、1/10の価格で購入できるので魅了と感じる人は多いはずです。

また価格が先発薬の1/5ほどになりますが、「ジェビトラ」という製品であれば、40mgや60mgといった用量の多い製品を購入することができます。

ピルカッターなどで半分にカットして使用することもできるので、そういった場合にはコストパフォーマンスを高められます。

レビトラの特徴や効果(内部リンク:h2成分バルデナフィル)

6.シアリスジェネリック紹介

シアリスジェネリック紹介

知っている人もいるかも知れませんが、大手製薬メーカである「Phizer(ファイザー)」が製造しているジェネリックの「タダリフト」が人気のようです。

メーカーの名前を知っていることから、親しみやすさが人気の秘密かも知れませんね。
主成分となるタダラフィルの用量は20mgのみとなり、価格は1/5ほどとなっています。

価格で考えるのであれば、「タダライズ」という製品なら1/10ほどの価格で購入することができます。

シアリスの通販

7.まとめ

まとめ

どの製品もメーカーが異なりますが、どれも品質は高いとされています。
また重い副作用などが起こったなどの報告もないことから、安全に使用できるはずです。

実際に国内でも海外通販(個人輸入代行)を利用して購入している人は増えてきている傾向にあるので、治療費が高いと感じているのであれば、ジェネリックへの切り替えの検討してみてはいかがでしょうか。

TOP