シアリスとバイアグラについて知っておくべき様々な点

シアリスとバイアグラについて知っておくべき様々な点

世界から必要とされる薬

ED治療薬には現在、第三世代まであり外国では第四世代と言われている治療薬がありますが、ここ日本で認可されているのはシアリスが最後になっています。

1999年に初めて日本に上陸したのがバイアグラであり、その後にレビトラが販売されるようになり、2007年に登場したシアリスとは、従来品の弱点や改善点を克服した薬になり、効き目の現れ方や作用時間、食事の影響の3つの点が大きく変わり、男性の負担を減らした薬とも言えます。

まず作用の仕方ですが、ゆっくり時間をかけて体内で溶け出すため非常に優しく作用してくれるため副作用による紅潮や火照りといった症状や頭痛、鼻づまりなども発現率が下がり、より安心して服用が行えるようになりました

またこれが最大の特徴といってもよい作用時間が20ミリグラムを服用した場合では最大で36時間の作用があり、体調の影響によって若干変化はしますが、それでも24時間は作用を持続してくれ、その時間内であれば性的刺激や興奮を感じることさえできれば何度でも性行為を楽しむことが出来るようになり、また時間を気にしながら焦ったり、萎えてしまって失敗したらという不安感なども払拭してくれ、硬さのある勃起をさせてくれます。

治療薬の服用タイミングは従来品のバイアグラやレビトラの場合、何もない空腹の状態で薬を飲まなければ効果に影響が出てしまい満足のいく硬さにならないことや刺激を受けても反応することが難しくなってしまうことがあり、服用のタイミングをはかりながら飲まなければなりませんでしたが、このED治療薬は溶け出すまでに時間がかかるものの、成分を体に吸収させてしまうことができれば食事に左右されることなく安定して効果を発揮してくれます。

このおかげで、食事に気を使ったり我慢をする必要がなくなったので多少のストレス軽減にもつながります。
男性自身が飲みたい時に飲めて、1日半作用持続時間があり、副作用も少ないので世界中で男性から必要とされる薬となりました。